Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

Microsoft Excel(エクセル)でセルに入力した数値を金額として表示したり、金額表示のまま計算も行いたい場合、手入力で「\」マークを付けたり「円」と入力してしまうと文字列として扱われてしまい計算で利用できなくなってしまうため、入力した数値を金額で表示して計算でも利用するには表示形式を変更する必要があります。

そこでここでは、Excel(エクセル)でセルに入力した数値を金額として表示する方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2
Microsoft Excel for Microsoft 3652308
created by Rinker
マイクロソフト
¥13,545 (2024/06/12 14:42:24時点 Amazon調べ-詳細)

通貨表示形式を選択する

Excel(エクセル)でセルに入力した数値を金額として表示したい場合、最も簡単な方法は「ホーム」タブの「数値」グループから「通貨表示形式」をクリックします。

たとえば「152500」と入力したセルを選択してから「通貨表示形式」をクリックすれば、セルの表示が「\152,500」となります。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

また、日本円以外を選択したい場合は「通貨表示形式」横の「▼」をクリックすれば、ドルやユールなどの別の通貨を指定することもできます。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

なお、セルに入力している数値は計算でも利用できます。

XX万XX円と表示したい場合は

Excel(エクセル)でセルの表示形式を変更すれば、セルに入力した数値を「XX万XX円」と表示することもできます。

まず、表示形式を変更したいセルを右クリックして、メニューから「セルの書式設定」を選択します。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

「セルの書式設定」画面が表示されるので「表示形式」タブの「分類」から「ユーザー定義」をクリックします。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

「ユーザー定義」の一覧で「#,##0」を選択してから「種類」を「#万###0円」と書き換えて「OK」をクリックします。

Memo

ちなみに「#,##0」とは「数値を3桁で区切り、1未満は四捨五入する」ことを意味しています。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

以上で、セルに入力した数値「152500」が「15万2500円」と表示され、セルの値は計算にも利用できます。

Excel(エクセル)で数値を通貨(金額)として表示する方法

あとがき

セルに入力した数値をさまざまな形式で表示して、計算でも利用するなら表示形式の調整方法をマスターしておきましょう。