Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)で資料を作成していると、挿入した画像や図形の一部をぼかすといった加工を行いたいときがあります。

そのようなときは、別の画像編集ソフトを使わなくても、Word/Excel/PowerPointに搭載されている「アート効果」機能を使って簡単にぼかし加工を行うことができます。

そこでここでは、Word(ワード)を例に、挿入した画像の一部をぼかす方法を紹介します。

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2
Microsoft Word for Microsoft 3652402
created by Rinker
マイクロソフト
¥13,545 (2024/04/15 11:10:29時点 Amazon調べ-詳細)

画像の一部をぼかす

Word/Excel/PowerPointでは、画像の一部だけをぼかすといった処理はできないため、元の画像の上にぼかし加工を施した画像を重ねるという方法で対応します。

手順は、次のとおりです。

画像の複製

まず、元の画像を選択した状態でショートカットキー「Ctrl+D」キーを押して元画像を複製し、元画像と複製した画像をぴったりと重ねます。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

画像がうまく重ねられないときは、2枚の画像を選択した状態で「図の形式」タブの「配置」>「オブジェクトの配置」から「左右中央揃え」と「上下中央揃え」をクリックすることで、ぴったりと重ねられます。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

画像をぼかす

次に、複製した画像を右クリックして、メニューから「図の書式設定」をクリックします。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

画面右側に「図の書式設定」が表示されるので「アート効果」から「ぼかし」を選択すると、画像にぼかし効果が適用されます。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

ぼかし具合を調整したいときは「アート効果」メニューの「半径」の数値で調整します。値が低いほど効果が弱く、高いほど強くなります。

ここでは、ぼかしの数値を「50」に設定しています。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

ぼかす範囲を調整

ぼかしの調整が終わったら「図の形式」タブから「トリミング」の▼をクリックして「図形に合わせてトリミング」をクリックして、ぼかす部分の形を指定します。

ここでは、ぼかす形として「楕円」を選択します。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

画像全体が選択した図形の形にトリミングされるので、ぼかす箇所を調整するために、画像を右クリックして「トリミング」を選択します。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

トリミングハンドルが表示されるので、ぼかしたい部分だけを残すようにトリミングハンドルをドラッグします。

ここでは、鳥の部分だけをぼかすようにトリミングしています。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

以上で、画像の一部をぼかすことができます。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

グループ化すれば移動も楽チン

なお、資料内でぼかした画像の場所を移動する可能性があるなら、元画像とぼかした画像の両方を選択して、右クリックメニューから「グループ化」をクリックして、元画像とぼかした画像をグループ化しておけば、画像を移動してもぼかした部分がずれることがなくなります。

Word、Excel、PowerPointで挿入した画像の一部をぼかす方法

あとがき

本格的な加工処理とはいきませんが、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)の編集画面内で、手っ取り早く画像の一部をぼかしたいときは、上に紹介した方法が役立つでしょう。